8ヶ月目「欲について学び、新たな挑戦の準備に入る」

中心軸クラブ 8ヶ月目 感想 口コミ

中心軸クラブに入会してから8ヶ月が経過。

2020年9月4日〜10月3日の期間では、9月下旬から10月初めにかけて学びが多かった。

久々に人生の本質を突く「問い」や「気づき」に繋がる出来事があった。

結論としては、痛い思いをしつつも確信できるスキルアップに繋がり、次のステージや方向性のステップアップに繋がった。

2020年9月4日〜10月3日の期間をシェア
  • 「欲」
  • コロナ禍だからこそ自分のやりたいことをやり続けてきた結果、全て完璧だったと確信できた
  • FXで損失を出すも、大きな気づき、学びを得る
  • 年内、向こう2年にワクワクしている

ということで、今月も中心軸クラブに所属している DAisuke の個人体感や体験をシェアしていこう。

「欲」

7ヶ月目「調整期間を経て、上昇へ転じる」の文中で『乳がんと牛乳』という書籍を紹介した。

その本の最後で「人間の豊かさの指標を所得以外のものに変換する必要がある」というメッセージがあり、深く共感。

僕がこれまで3年近く金融と健康分野について勉強してきて行き着いた1つに「金融と健康は密接な関係にある」という考えがあった。

簡単に説明すると、「人間の健康をカモにして金儲けをしている」ということ。

僕はこの現実を知ってから「経済活動ってくらだない」と想うようになった。

それから再び自問自答を重ねた。

何のためにビジネスをするのか?

何のためにお金を稼ぐのか?

生活費のため?じゃあ生活費に困らないほどのお金があったら?入り続けたら?それでも経済活動するの?

自分以外の人々を幸せにするため?

自己実現のため?じゃあそれらが全て満たされたら?

ずっと長い間、悶々としていたが、前月ヒロさんがメルマガでシェアしてくれた文章をヒントに、スコーンと抜けることができた。

僕は、経済活動の何がくらだないと思っていたのか?

「欲」がくらだないと思っていることに気づいた。長らくピッタリ当てはまる言葉に出会えなかったが、まさにこれだ!という言葉に出会えた。

では、「僕の経済活動」と「僕が想うくだらない経済活動」とでは、一体どんな違いがあるのか?

「欲」の対象に違いがあった。

金融と健康分野が密接な関係にあると気づいたとき嫌気が指したのは、人の健康を害してまでお金を儲けることが正しいとされている資本主義の「欲」だった。

では、僕にはその「くだらない欲」は全くないのか、というとそんなことはない。

何事にも経済が優先されている。評価されている。だから、お金を稼いでなんぼ。この公式はまだ僕自身も拭えていないが、やはり古い概念だと感じ始めていたのがこの2年くらいの話。とはいえ、明確に言葉でこうだ、と説明することはできなかった。

僕の活動意欲は長い間、経済を前提に形成されていた。だからその自分に対して「くだらない」と感じていたのである。

つまり、経済と健康を学んだことにより、自分の内側に秘めていた1つの想念、「自己欲を前提とした経済活動はくだらない」ということに気づくことができたのである。

僕にとってのコロナは、「経済活動の在り方を変えるタイミング」であり、前述した「人間の豊かさの指標を所得以外のものに変換するフェーズ」に入った節目だと想っている。

今後徐々に5〜15年かけて「健康を資産価値とする時代になる」というのが私見。

FXで損失を出すも、大きな気づき、学びを得る

この4ヶ月間、FXでは順調に資金を増やし続けてきた。9月18日で5倍に達していた。

それまではよかった。

今まで培ってきた経験のなかでポジションを持つ際に、恐れ MAX になる局面でポジションを持てたことには1つ、成功体験をつくることができた。

それに「これは強い武器になる」という確信も得ることができた。だから、今後も同じ局面が到来したら同じことをする。これは自分のルールに新たに追加した。

しかしその後、僕の資金は元本の半分近くまで減ったのである。

これまでにも何度も経験してきた結果だ。だからある意味、慣れてはいる。とはいえ、失望してしまう自分に変わりない。

また考えた。

「なぜ、いつもこういう結果になるのだろうか?」

確実にトレーディングスキルは上がっているのに、なぜ??

ロッド数を上げたから?

では、なぜロッド数を上げるのだろうか?

あぁ・・・、「欲」が出るからだ。

FXでの体験も同じように、上手く殖やせているときと元本を溶かしてしまったときでは一体何が違うのだろうか?という問いにも「欲」という答えがピッタリだった。

そうか!欲が強くなると損失を出すんだ。だったら欲をコントロールできるようになれば、FXで勝ち続けることができる。と確信した。

これでFXで勝ち続けている人たちがよく言っている「資金管理が一番大事」という本当の意味が理解できた。

資金管理とは、すなわち「欲を管理すること」なのだと。

「ロッド数は、資金の何%までに留める」という「型」だけを聞いてもあまりしっくりきていなかった。

これが「欲を制御するためにロッド数を資金の何%までに留める」という意味だったことを理解した。

このようにして、痛く苦い経験を重ねることで成長していけるのだと再確認できる良い機会となった。

自分のやりたいことをやり続けてきた結果、全て完璧だったと確信

3月〜9月までコロナ禍を良い機会に、やらなければならないと思い込んできたことを休止し、本当にやりたいことをやり続けてきた。

その結果、この半年間でやりたかったことをやり切って心底よかったと感じている。

これまでの自分だったら経済に結びつけることを前提にやりたいことをやってきたが、この期間では経済云々を全否定しながらやり続けてきた。

だから経済面では相変わらずマイナスが続いた。

でもやっぱり自分のインスピレーションを信じて行動してよかったと確信。

そして今、様々なシンクロニシティを感じ、新たな挑戦に踏み込んでいる。

年内、向こう2年にワクワクしている

10月に入ってからの年内3ヶ月間、向こう2年間にワクワクしている。

今年は「中殺界」だったし、運気をみても低い年だった。だから、そもそもあまり活動的にはなれなかったし、その必要性も感じていなかった。

それが来年を含む2年間は運気がかなり良くなるので、久しぶりにアクセルを強く踏める時期なのかなと感じている。

その後は「大殺界」「天中殺」が待っているので、それまでに蓄えを備えておく必要があると感じていることも前提条件としてある。

また、前述したように新たな挑戦をしていくフェーズに入ったので、どうなるのか?どんな体験をするのか?などの不安要素も含めてワクワクしている状態。

中殺界時期を振り返ってみると、中心軸クラブのおかげで難を乗り越えてこれたのかもなぁと感じる。

僕にとっての中心軸クラブは、やっぱり「お守り的な存在」なのかなと実感。

中心軸クラブ 8ヶ月目をまとめると

中心軸クラブに入会してから8ヶ月目をまとめると、「欲について学び始める」「新たな挑戦に踏み出す」という感じにまとまる。

2020年10月4日〜11月3日は、どんな体験をしていくのか楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です