SNSに頼らないWEB集客の本質

SNSに頼らないWEB集客の本質

SNS 以外にも集客の窓口が欲しいという想いから、SNS に頼らない WEB 集客をお探しのようなら以下のポイントを意識してみよう。

商品・サービスの質を高め続けること。

なぜ、集客についての情報が欲しいのに、商品・サービスなんだ?

そう思ったようであれば、なおさら以下を読み進めてみてほしい。

そもそも、なぜ集客しなければならないのか?

それは、自分が生み出した商品・サービスを適切なかたちで適切な人たちに届ける必要があるからだ。

決して、売上や自己利益だけを目的にしてはならない。

実は、商品・サービスの質を高め続けて顧客に提供していると、あるときを堺に集客する必要がなくなってくる。

その理由は、顧客が新規客を連れてきてくれるからだ。

そしてそれは、オンライン・オフライン関係なく成立する。

「web集客=流行りのsns」という公式では集客できない

昔からコンサルティングする際や、有料コミュニティに属しているときの相談時によく耳にしていた1つに、こんなキーワードがある。

「今後、Facebook が流行るから Facebook 集客するといい」

「今後、インスタが流行るからインスタ集客するといい」

「Tik Tok」「Clubhouse」も然りだ。

ハッキリ言って、このやり取りは意味がない。

流行りものを使ったから集客できるのではなく、集客に必要な要素が既に整っている状態で流行りに乗るから結果的に集客できるのである。

すなわち、集客できる人は何をやっても集客できる。なぜなら、人が集まる「本質」を理解しているからだ。

では、その「本質」について説明しよう。

最強の集客とは、商品・サービスの質を高め続けること

僕が提唱している最も効率がよく、最強といえる集客は、「商品・サービスの質を高め続けること」。これに尽きる。

言い換えるなら、その商品・サービスの質が高く、お客さんが喜び続けていれば、顧客が勝手に新規客を連れてきてくれる。

要するに、SNSで集客しようとせずとも、向こうから勝手に新規客が集まり続けるというわけだ。

「そんな誰もが描く理想的な集客できるはずないだろう」

「良い商品をつくっただけで集客できるなら困っていない」

そう思うかもしれないが、それが集客できない根本の理由だ。

もし、「良い商品をつくっただけで集客できるなら困っていない。」という状態が続いているのであれば、それはきっと良い商品ではないのだろう。

確かに、優秀な商品があるのにも関わらず、人目に触れることなく眠り続けていることが稀にある。しかしそれは、非常に稀なケースだ。

多くの場合は、良い商品を作っているという錯覚、すなわち “作り手の勘違い” で終わっているケースがほとんど。

つまり、「自己満足しているだけ」ということだ。

では、一体どのようにすれば商品で集客できるようになるのか?

それは、「人様の喜びに徹底し続けること」これに尽きる。

つまり、人様の喜びに徹底し続けていれば、良質な商品・サービスを生み出すことが可能になる。すなわち「商品で集客できる」というわけだ。

WEB集客は、ユーザーにしてもらう

以下は、良質な商品・サービスを開発できたことを前提にしている。

あなたが SNS でどのように集客するか?を考えるのではなく、SNS を使っている1ユーザーに対してどのようにしたらあなたの商品・サービスを紹介してもらうか?を考えよう。

SNS で集客できている事業主を想像してみてほしい。

なぜ、SNS で集客できているのだろうか?

それは、ユーザーが SNS に投稿したくなる「絶対的な何か」があるからだ。

それが「写真映えする何か」なのかもしれないし、「味覚・視覚を刺激する何か」かもしれない。

いずれにしても、外に発信したくなる「何か」があるから人は SNS を使うのである。

その「絶対的な何か」が、あなたにはあるだろうか?

不動の仕組みを所有する

WEB集客の基本は、不動の仕組みを所有することにある。

人によってはそれが、「ホームページ」であったり、「YouTube・Instagram」であったり、「メルマガ・LINE」だったりする。

これもまたよくある話だが、過去コンサルティングをしている際に YouTube を推薦したときがあった。その後、「飽和状態でもですか?」と訊かれたことがある。

それに対しての答えはこうだ。

「あなたは YouTube をやっていないのに、なぜ YouTube が飽和状態と判断できるのですか?」

このように「誰かが言った戯言」を鵜呑みにして時代の流れを把握しているかのように語る人は少なくない。

表面的なことをなぞっているだけでは何をやったとしても、成長することはないだろう。

不動の仕組みを作り上げる際に重要なのは、自分のビジネスの対象となる人たちが何を欲しているか?に対して適切な情報発信方法を選び抜くことにある。

今流行っているから「YouTube」を選ぶのではなく、情報を伝えるうえで動画が一番適しているから YouTube を選ぶのである。

インスタがベストな情報発信であれば、インスタを選ばなければならない。

そして、自分が情報発信をするうえでベストなプラットフォームを選び抜いたあとは、情報を構築することに集中しよう。

情報の構築と共に、情報の質を高めることも重要だ。

「仕組み」があれば自動化も可能

SNSに頼ることなくWEBで集客したいのであれば、「コンテンツマーケティング」がおすすめ。

簡単に説明すると「コンテンツ = 有益な情報」と引き換えにユーザーのアクセスを稼ぎ、「自分の商品・サービスに紐付ける」こと。

あなたが何かの専門家であればあるほど、「コンテンツ = 有益な情報」の価値を高めることができる。

その情報を仕組み化することで、WEB集客を自動化することが可能というわけだ。

本記事では、かなり大まかな説明しかしていないが、集客云々いう前に、「あなたの商品・サービスは唯一無二であるか?」を問いかけてみよう。

決して唯一無二の商品・サービスでなければ売れないという話をしているわけではない。

「SNSに頼らないWEB集客」を前提した場合、唯一無二であった方が集客精度は劇的に高まるという話である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です